システム導入コンサルティング

  • システムを利用した働き方改革に取り組みたいけど、やり方がわからない。
  • 現場が疲弊している。もっと効率化しなければと思うけれど、どうしたら良いかわからない。
  • 課題がたくさん。何から手を付けたらよいかわからない。
  • 仕事が属人化してしまっている。何とかしたいけれど人手が足りない。
  • 業務をシステム化したい。誰か、自分たちにマッチするシステムを探してほしい。
  • システムを導入したけれど、うまく活用できていない。
  • システムを導入したけれど、痒い所に手が届いていない。

業務改善コンサルティングの進め方

ステップ1:課題の特定
1.解決したい課題、そのために改善したい業務の概要のヒアリングを行います。
 (1)経営者の方から
 (2)現場の方から
2.複数の課題がある場合は、優先順位をつけ、着手する課題を決定します。
3.課題に対して目標(具体的な改善後の姿)を設定します。
4.ご予算と納期のご希望を確認します。
ステップ2:業務分析
1.ステップ1で特定した業務の分析を行います。
 (1)業務の現状の棚卸
 (2)業務フローの作成
    現状、どのように行っているかをヒアリングしたり、
    作業を実際に見せていただきながら作成します。
 (3)業務に関する現状の数字の確認
    業務に携わっている人数やリードタイムなどの確認を行います。
2.現状を踏まえたうえで、目標の再確認を行います。
ステップ3:業務改善のご提案
1.ご希望納期/ご予算に沿った業務改善のご提案を行います。
 (1)新業務フローのご提案
 (1)導入するシステムやツールのご提案
2.経営者の方や現場の方のご意見をフィードバックしながらブラッシュアップし、お客様にとってベストな形に仕上げます。
ステップ4:業務改善サポート
・システムやツールの導入  
・業務マニュアルの整備
・社員向けのIT教育

 

上記はあくまでイメージであり、実際には、お客様のお話を聞きながら、どのように進めていくかを決定します。

『課題の特定やあるべき姿を描くところまではできているんだけど、どんなシステムを導入したらよいかを決められない』
というようなご要望にも対応いたします。
まずはお気軽にお問合せください。

 「業務改善」とは、そもそも何をすること?

事業を拡大していくうえで、一人ひとりが今まで以上に生産性を上げ、効率よく仕事を進めることが大切になります。 特に、人手不足が深刻となる一方で働き方改革も叫ばれる世の中で、時間をかけて仕事をこなすというスタイルは、限界があります。

業務改善は、生産性を上げるための取り組みの一つです。
生産性向上による経営課題の解決を見据え、業務プロセス(業務の流れ、やり方)を見直し、より良いプロセスに変えていきます。
業務改善がうまくいくと、生産性の向上だけに留まらない大きな効果が生まれます。
事業拡大への好循環を生み出すことができるのです。

システムを導入するだけでは駄目なのでしょうか?

生産性を上げるための手段として、システムやツールの活用がうたわれることが多いですが、
本当にそれで良いのでしょうか。
確かに、システムやツールの活用はとても大切です。
しかし、システムやツールの活用を始める前に、大切なプロセスを省いてしまうと、期待する効果は得られません。

大切なプロセスとは、
 1.そもそも何のために、システムやツールを導入するのか、という目的を明確にすること。
 2.業務プロセスの改善も、一緒に行うこと。
の2点です。

私たちは業務改善コンサルティングサービスの中で、この2点のプロセスをお客様と一緒に行います。

06-4309-6955受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]

お問い合わせ お気軽にお問い合わせください。

社会福祉協議会専用システム HAPPY

地域で利用できる社会福祉協議会様専用システム「HAPPY」を開発・運用しております。NPO法人様、ボランティア団体様も一緒にご利用いただけます。